自販連:10月登録車販売は34年ぶりの低水準-新車効果薄れる(2)

日本自動車販売協会連合会(自販連)が1 日発表した10月の登録車販売台数(排気量660cc超、軽自動車を除く)は前 年同月比3.4%減の28万1452台となり、34年ぶりの低水準を記録した。乗 用車での新車効果が薄れ始めており、4カ月連続でマイナスとなった。これまで 新車販売をけん引していた小型乗用車は1年ぶりに前年実績を割り込んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。