コンテンツにスキップする

TBS:楽天に再び質す、株大量取得や買い増し有無-他に質問40(2)

楽天に株式を大量に取得されて経営統合を求 められている民放3位のТBSは25日、文書による第2回目の質問書を楽天に送っ たと発表した。第1弾の質問に対する回答が不十分として、株式取得の背景と買い 増しの有無について再び楽天に質した。

TBSの初回質問状に対して楽天は20日、株式取得については「熱意を示すた め」、買い増しの有無については「是々非々で対応」などと文書で回答していた。 この回答をTBS側が不十分として、再び楽天に同様の質問の回答を求める。

楽天は文書ではなくて人と人との交渉、協議入りを求めている。これに対して TBSは今回の契機になったTBS株式の大量取得とその後の買い増しについての 楽天の姿勢を明確にすることを優先事項にしている。

同時にTBSは、楽天の業績・財務、TBSへの付加価値提案、コンテンツや 権利関係・スポンサーについての考え、放送の公共性といった点についての認識を 楽天に求めた。こうした項目は10分類されて、合計で40の質問があるとしている。

楽天、現在は「バイク便の仲」

楽天の國重惇史・副社長は25日に記者団に対して、ТBSからこの質問書を受 け取ったと前置きしたうえで、「具体的な質問が多く入っている。明日の回答は難 しいだろうが、文書で返事をするか直接持っていくかを含めてこれから決める」と 述べた。

楽天としては当事者同士が直接話し合う場を希望しているが、TBSは文書で の回答を求めており、TBSとは「文書を運ぶバイク便の仲」と現状を示した。同 時にTBSからの文書が、第1弾の株式の話から今回は具体的な質問の内容も盛り 込むようになり、やや前進したとは評価している。

この日の報道で、三井住友銀行とみずほコーポレート銀行が楽天に対して、T BSの案件が敵対的なものになれば融資しないと通告したといった点については、 「そういうことはない」と述べた。「友好的に話が進めばいいと思っているのでは ないか、われわれもそう思っている」と語った。

株価終値は、TBSが前日比270円(7.9%)安の3150円、楽天は同200円 (0.3%)高の7万5600円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE