コンテンツにスキップする

KDDI:中間純利益は30%増益、au好調-7-9月は489億円(2)

携帯電話国内2位のKDDIが21日発表し た2005年9月の連結中間決算は、純利益が前年同期比30%増の1014億円となっ た。携帯電話のau事業が好調だったことが要因。

7-9月期の連結純利益は前年同期比87%増の489億円となった。7-9月 期の売上高は同0.4%減の7545億円と微減収。営業利益は同8.2%増の789億円 だった。

ブルームバーグが集計し、算出した事前のアナリスト5人による調査(中央 値)は7-9月期の純利益が495億円、営業利益は722億円だった。純利益は、 前年同期に減損会計適用という特殊要因があったことから大幅増となった。

進捗率は58%

中間期の売上高は同0.2%減の1兆4688億円。au事業が好調を持続してい るため、PHS事業を譲渡した影響を吸収し、減収幅はわずかにとどまった。営業 利益は同2.6%増の1667億円。アナリスト5人の事前予想は1600億円だった。 また、中間期営業利益の進捗率は57.7%だった。

収益のかぎを握る「1顧客の平均月間収入」(ARPU)はau携帯で7―9 月期は7190円だった。4-6月期は7050円と比べ140円上昇した。このうち音 声については、7-9月は4-6月比で60円増え、データでも80円上昇した。中 間期では7120円となり、前年同期と比べ160円低下した。

au事業は、中間期売上高が前年同期比10%増の1兆1178億円で進捗率が

49.8%。営業利益は同29%増の1852億円、進捗率59.0%だった。純利益は同 34%増の1113億円と増収増益となった。

また、KDDIの通期予想は据え置いた。従来予想では、純利益は前期比

6.8%減の1870億円、売上高は同1.9%増の2兆9760億円としている。

KDDIの株価は前日比3000円(0.5%)高の63万6000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE