コンテンツにスキップする

USENの佐藤常務:プロ野球に興味ある-宇野社長はより積極的(2)

有線放送事業者USENの佐藤英志常務は20日の 決算記者会見で、プロ野球横浜ベイスターズの買収に名乗りを上げるといった報道を受 けて「プロ野球にはコンテンツとして興味は持っているが、具体的に交渉していること はない」と述べた。

プロ野球事業について佐藤常務は、試合を放映したり広告媒体としての価値はある と前置きし「引き続き興味を持っている。ただ、売りに出ている球団があるわけではな く、交渉のテーブルについているといったこともない」と強調した。

一方、共同通信によるとUSENの宇野康秀社長は別にこの日、横浜ベイスターズ と資本関係を結んだり、提携することを考えていると表明した。

横浜ベイスターズをめぐっては、球団を保有するTBSが、筆頭株主の楽天から経 営統合を持ちかけられている。楽天も東北楽天ゴールデンイーグルスを持っており、統 合が実現すればプロ野球規約からTBSがベイスターズを手放さざるを得ないといった 観測が出ている。

TBSはこうした点について、楽天と何の協議もしていないとして、一連の観測報 道を否定している。

USEN株の終値は、前日比85円(2.9%)高の3020円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE