コンテンツにスキップする

上海の銅先物相場:3日続伸-中国の需要が供給上回るとの観測高まる

19日の上海銅先物相場は、3日続伸した。世 界最大の銅消費国である中国の供給が需要に追いつかないとの懸念が高まった。

ロンドン金属取引所(LME)によると、同取引所がモニター対象にしている 銅在庫は18日、2.4%減の6万4125トンとなった。これは、世界の銅消費量の2日分 を下回る水準。

長城偉業フューチャーズのアナリスト、李榕氏は上海からの電話インタビュー で「中国の目先の供給はひっ迫している」と指摘。国内の銅価格は、輸入取引業者が利 益を得られるほど上昇していないため、9月と10月の中国の銅輸入は「間違いなく減 少するだろう」との見方を示した。

上海先物取引所の銅相場1月限は、前日比最大130元(0.4%)高の1トン 当たり3万7560元となった。上海時間午前9時42分現在、同110元高の3万7540 元で取引されている。18日まで中心限月だった12月限は、同40元高の3万7890元 となっている。

-- Editor: White.

hhorie@bloomberg.net Editor:abe 記事に関する記者への問い合わせ先: シンガポール Chia-Peck Wong at (65) 6212-1574 or cpwong@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Poole at (65) 6212-1551 or jpoole4@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE