コンテンツにスキップする

楽天:TBS株15%超保有、「共同持ち株会社での統合」を申し入れ(2)

インターネット上の仮想商店街「楽天市場」 を運営する楽天は13日、民放3位のTBSの株式を15%超保有して筆頭株主かそ れに準じる株主になったと発表した。同時に共同持ち株会社を通じた経営統合を申 し入れた。

楽天はTBSの2938万株、発行済み株式の15.46%を保有した。3月末段階で のTBSの実質筆頭株主は日本生命保険で4%強を保有していた。村上世彰氏率い るM&Aコンサルティング(通称「村上ファンド」)もTBS株を買い進めている もようで、楽天と村上ファンドのどちらの持ち株数が多いかは現時点では不明。

TBSの大株主になった楽天は、共同持ち株会社を通じた経営統合で世界に通 用するメディアグループを設立するとの提案を申し入れた。主力の「楽天市場」と TBSの番組コンテンツ(情報の中身)や視聴者という強みをともに生かせる体制 で事業拡大を進める。

楽天の株大量保有をTBSは事前に知らされておらず、詳細は不明というコメ ントを出していた。大株主として突然提携を求める楽天にTBSの反発が予想され る。ライブドアも2月にニッポン放送株式を大量に取得して業務提携を求めたが、 フジテレビを含む経営陣の反発は根強かった。

楽天、速やかに協議開始を

ライブドア証券の田部井美彦シニアアナリストは、楽天の戦略について「テレ ビ地上波のデジタル化、双方向ネットワーク化を見越した動きとして「ネット上の 商取引とのシナジー効果を狙っている」と指摘した。楽天は ライブドアによるフジ テレビの経営権取得への案件にも強い関心を示しており、テレビ局と組むこと以前 から興味を持っていたのだろうとした。

楽天はすでに9月29日、TBSの井上弘社長と会談して提携についての可能性 を打診。TBSと楽天が企業連合を組むことで、世界市場でも勝ち抜くことが可能 な企業体ができるとしている。連合体形成に際しては放送事業という公共性を踏ま えて、ともに独立性を維持できる持ち株会社を提案した。

楽天はこの日の提案について、速やかに協議を開始することも申し入れた。ま た株式取得と経営統合を提案した楽天が、TBSにとって敵対的な買収者と受け取 られないように、情報開示を十分にするともしている。

この日のTBS株は大幅高。ストップ高(値幅制限いっぱいの上昇)となる前 日比で500円(15%)高の3730円まで上げて取引を終了した。日本テレビ放送網、 テレビ東京、テレビ朝日の民放各社の株価も軒並み今年の最高値を更新した。ライ ブドアとの攻防で買い進まれていたフジテレビ株は小動きだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE