コンテンツにスキップする

楽天:TBS株保有は事実、数や目的は今後開示-村上F言及控え(4)

インターネット上の仮想商店街「楽天市場」 を運営する楽天は13日、TBS株式を一定数取得、保有していることを明らかにし た。保有株数や目的については今後、開示していく方針。

楽天の國重惇史・副社長はこの日、TBS株式を買ったのは事実とコメントし た。13日付の読売新聞(朝刊1面)は取材源を明らかにしない形で、村上世彰氏率 いるM&Aコンサルティング(通称「村上ファンド」)や楽天などが、TBSの株 式を各5%超買い集めていることが12日明らかになったと報じている。

村上ファンドは、TBS株についての報道について「ノーコメント」(M&A コンサルティング広報担当者の池田龍哉氏)と言及を避けた。村上ファンドは投資 会社で最終的には値上がり益確保が目的なのに対して、事業会社である楽天はTB Sとの事業提携を模索している可能性はある。

楽天といったIT(情報通信)企業にとってのテレビ局の魅力は、視聴者やそ の接触頻度である「リーチ」。楽天はTBSの持つ豊富な顧客を自身のサイトに誘 導するといったことを目論んでいる公算がある。ライブドアがニッポン放送を通じ てフジテレビジョンを狙ったのも、フジテレビの持つリーチが目的だった。

KBC証券の上出浩史アナリストは、楽天について「TBSに業務提携を申し 入れることは、事実ならばサプライズ」と述べた。楽天は2003年にUSENとネッ ト映像配信会社の「ショウタイム」を設立、その一環でコンテンツを必要としてい る可能性もあるとしながら、「楽天の意図を推し量るのは難しい」とも語った。

TBSをめぐる報道では読売新聞のほか、産経新聞によると楽天が株式15- 16%を取得してTBS筆頭株主になった、朝日新聞も楽天がTBSの筆頭株主にな った、日経新聞によると村上ファンドが5%超を取得して筆頭株主になった、など として各社の報道が入り乱れている。

13日の日経電子版によると、楽天はTBS株式の10%を取得、業務提携を模索 している。

楽天、事業拡大手段にM&A

楽天は事業拡大の一手段としてM&A(合併・買収)を活用している。最近で は9月6日に米ネット広告大手リンクシェアを4億2500万米ドル(約460億円)で 買収すると発表した。ライブドアに買収を仕掛けられたニッポン放送とフジテレビ ジョンには、友好的な第三者であるホワイトナイト(白馬の騎士)として案件に参 加するとの話も取り沙汰された。

3月10日には国内信販を約120億円で子会社化すると発表、昨年8月にはあお ぞらカードを買収するとも発表している。

TBSは買収防衛策

楽天などの株式大量保有についてTBSはこの日、事実ならば大量保有報告書が提 出されるはずとして「午前10時現在で報告がなく、正確なところは分からない」とのコ メントを発表した。

TBSは5月18日に買収防衛策を発表、日興コーディアルグループの投資会社、日 興プリンシパル・インベストメントへ新株予約権を6月3日に発行した。権利行使期間 は6月6日から2年強。

当初の仕組みは20%超の株式を保有する株主が現れた場合、特別委員会の諮問を参 考にTBSが対抗策を決定して実施、新株予約権を行使した場合は日興プリンシパルが 2割前後の株式を取得して筆頭株主になる。対抗策にはこの新株予約権利ほか、株式分 割も含まれている。

TBSはさらに9月16日、電通、ビッグカメラ、三井物産、毎日放送の4社に 第三者割当増資を実施、買収防衛策での安定株主工作にもつながる対応もしている。

楽天や村上ファンドの株式取得を受けてTBS株は大幅高。一時前日比で490 円(15%)高の3720円まで上げた。午後2時23分現在で同390円(12%)高の 3620円で取引が進んでいる。日本テレビ放送網、テレビ東京、テレビ朝日の民放各 社の株価も軒並み今年の最高値を更新した。ライブドアとの攻防で買い進まれてい たフジテレビ株は小動き。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE