「電車男」が利益もたらす、東宝が期末10円特別配-中間期は7割増益

邦画配給首位の東宝は27日、今期(2006年2 月期)の期末配当に特別配当10円を加えると発表した。上期に投入した映画「電車 男」や「ポケットモンスター」が好調で映画事業を中心に利益が膨らんでおり、株 主に一部を還元する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。