コンビニの8月既存店売上高は1.3%減、客単価伸びず-13カ月連続減

日本フランチャイズチェーン(FC)協会が 20日に発表したコンビニエンスストア統計調査月報によると、会員12チェーンの 2005年8月既存店売上高は前年同月比1.3%減の6059億円となり、13カ月連続で 前年実績を下回った。平均客単価が2カ月ぶりのマイナスとなったうえ、降雨の 影響で来店客数も伸び悩み、ヒット商品のなかったソフトドリンクが不調だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。