米ニューオーリンズ市長、被災者の帰宅を中断-別の熱帯性暴風雨接近

米ニューオーリンズのレイ・ネーギン市 長は19日、新たな熱帯性暴風雨がメキシコ湾に接近しつつあり、洪水被害が 拡大する恐れがあるとして、ハリケーン「カトリーナ」の被災者の一部を帰宅 させる計画を中断した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。