アジアの半導体ファウンドリーの投資判断引き上げ、TSMCなど-CSFB

クレディ・スイス・ファースト・ボスト ン(CSFB)は15日、台湾積体電路製造(TSMC)などアジアの半導体 ファウンドリー(受託生産)の投資判断を「オーバーウエート」に引き上げた。 他のハイテク株に比べて出遅れ感があるとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。