中国の駿威汽車:1-6月期は7.2%増益―6年ぶりの低い増益率

中国の自動車メーカー、駿威汽車(デン ウェイ・モーターズ)が13日発表した上期(1-6月)決算は7.2%増益とな ったものの、半期としての増益率が6年ぶりの低水準となった。国内自動車市場 の成長鈍化に対応し、販売価格を引き下げたことが響いた。

同社が電子メールで配布した資料によれば、純利益は9億9090万香港ド ル(約142億円)と、前年同期の9億2420万香港ドルから増加。ブルームバ ーグ・ニュースがアナリスト5人を対象にまとめた調査の中央値(9億200万 香港ドル)を上回った。売上高は前年同期比25%減の4億9850万香港ドル。

中間配当は1株当たり4香港セントと、前年同期と変わらず。競争激化を 受け駿威汽車など自動車各社は販売価格引き下げを迫られ、収益性を悪化させて いる。

駿威汽車とホンダとの合弁、広州ホンダの1-6月期販売台数は前年同期 比33%増の10万6203台。広州ホンダによれば、2005年の売上高は15%増 と、2004年の増収率72%から鈍化する見込み。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE