ソフバンク:仏アバンクエストと合弁設立で基本合意-ソフト流通(2)

ソフトバンクは13日、仏ソフト開発・販売大 手のアバンクエストと国内外のソフトウエア流通事業を手がける合弁会社設立で基本 合意したと発表した。新会社は「アバンクエストBB」で、資本金1億円。アバンク エストが51%、ソフトバンクの全額出資子会社のソフトバンクBBが49%。営業開 始は2005年第4四半期(10-12月)中を予定している。

アバンクエストBBは、アバンクエストが有する世界各国の先進ソフトウエアを 国内に流通させる。具体的には、アバンクエストが開発したソフトなどを日本で販売 するほか、販売元を通じてパッケージ販売を行う予定。また、海外ソフトウエアのダ ウンロード販売権とASP(インターネットを通じアプリケーションソフトを顧客に レンタルする事業者)型販売権も取得する方針。

一方で、同社は国内の優れたソフトウエアを海外市場に斡旋することも目的とし ている。ソフトバンクBBの流通ノウハウや情報を活用しながら国産ソフトの海外販 売を支援する。アバンクエストはこれらのソフトの世界各国の販売拠点の販売元とし てパッケージ販売などを行い、アバンクエストBBは日本国内での窓口となる仲介業 務を行う予定。

13日のソフトバンクの株価は前日比30円(0.5%)高の5840円。(午前10 時32分)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE