コンテンツにスキップする

イー・アクセス株が大幅続伸:一時12%高-東証1部上昇率2位

ADSL(非対称デジタル加入者線)通信事 業者イー・アクセスの株価が大幅続伸。ほぼ5カ月ぶりの高値となっている。突 然の株価上昇につながるような要因は現在のところ見当たらないが、将来的な成 長性を見込んで買いが膨らんでいるとの見方も出ている。

イー・アクセスの午前の株価終値は、前日比7000円(8.9%)高の8万 5400円で午前の取引を終了した。東証1部上昇率2位。一時は同12%高の8万 7700円まで上昇する場面もあった。出来高は7万7428株と前日の2倍を超え ている。

イー・アクセスは、8月31日に民放大手のTBSと資本提携するとした発表 以降はプレスリリースを行っていない。また、市場でも現在のところ株価急騰に つながるような材料は見当たらない。

携帯電話事業への総務省の申請期限を今月末に控え、同社は、それに間に合 うように申請することを表明している。すでにソフトバンクは5日総務省に新規 参入を申請した。「次の材料として出てくるのは携帯サービスへの参入正式申請 だが、既に織り込まれている面が強く株価急騰の要因とは考えにくい。ただきょ うの上げも将来への高い成長に期待する買いであることはほぼ間違いないのでは ないか」(独立系投資顧問のアセットアライブ代表取締役、下川勝彦氏)との声 も出ている。また、イー・アクセスの五十嵐尚社長室広報部長も9日、「総務省 への申請に関してはまだ先だ」とコメントした。

総務省は6月に、携帯電話事業への新規参入を12年ぶりに認める指針案を 発表済み。対象の周波数は1.7ギガ(ギガは10億)ヘルツ帯と2ギガヘルツ帯 で、同省は今月末の締め切りを経て審査を行い、年内をめどに新規参入事業者を 決定するとみられる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE