米金融当局、「カトリーナ」による景気減速よりもインフレリスク重視

米連邦準備制度は、大型ハリケーン「カトリ ーナ」による影響について、景気減速リスクよりもインフレ加速リスクの方が高 いと結論付ける公算が大きい。9月20日の米連邦公開市場委員会(FOMC) では、当局は恐らく利上げを実施するだろうが、経済成長や雇用に長期的な影響 が表れれば利上げを休止する可能性も示唆するとみられる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。