経産相:民間石油備蓄の放出、9月7日から実施-日量20万バレル

中川昭一・経済産業相は6日の記者会見で、 石油備蓄の放出を7日付で実施することを明らかにした。民間石油会社の備蓄 水準を引き下げ、国内消費量の3日分に相当する量を放出する。放出するのは、 石油製品など日量約20万バレルとなる見通し。民間備蓄は現在、国内消費量の 70日分となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。