8月の新規上場:初値平均上昇率2.1倍、月末盛り返す-JBR5.2倍

8月に新規上場した11銘柄の初値は、平 均して公募価格の2.1倍に上昇した。上昇率は年初からの平均並み。初値急騰 後も一段高となって時価総額が1000億円を超えたブロードバンドタワーや、 公開株数の少なさが投資家の買い意欲を刺激したジャパンベストレスキューシ ステムなどがけん引した。一方、注目度が高かった一休は、初値こそ93%上昇 したが、その後はさえない展開。ほぼ初値天井だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。