コンテンツにスキップする

アジア勢のシェアが過去最高、ホンダがけん引-8月の米自動車販売

大手自動車メーカーが1日発表した8月の 米国自動車販売統計によると、ホンダの販売台数が前年同月比23%増となり、 アジア勢の市場シェア拡大をけん引した。アジア勢のシェアは過去最高となっ た。

ブルームバーグ・データによると、日本と韓国のメーカーの8月の販売台 数は計57万8277台と、前年同月に比べ15%増えた。トヨタ自動車は14%増、 日産自動車は15%増、韓国のヒュンダイモーターカンパニー(現代自動車) は9.3%増だった。アジア勢の市場シェアは39%となり、前年同月の35.2% を上回った。

自動車データ会社ケリー・ブルー・ブックのエグゼクティブ・マーケッ ト・アナリスト、ジャック・ネラド氏は、ホンダは「8月に、販売促進策を大 いに積極化させた」として、従業員向け値引きを一般顧客に拡大する米ゼネラ ル・モーターズ(GM)のキャンペーンに刺激を受けたのだろうと述べた。

GMが6月に開始し、米フォード・モーターと独ダイムラークライスラー のクライスラー部門が7月に追随した従業員向け値引きの一般顧客への拡大は 効果を上げ、6、7月は米国勢がアジア勢よりも大きく販売台数とシェアを伸 ばしていた。

オートデータによると、8月は業界全体では乗用車販売台数が9.7%増の 69万7400台、ライトトラックが1%減の78万6303台だった。全体では

3.8%増の148万台。GMの販売台数は13%減、フォードは6.3%増、クライ スラーは5.1%増だった。

--共同取材: Bill Koenig, Barbara Powell 、 Jeff Green Editors: Lear, Todd.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE