自販連:8月新車販売は1.5%減、2カ月連続でマイナス(2)

日本自動車販売協会連合会(自販連)が1日 発表した8月の新車販売台数(軽自動車を除く)は前年同月比1.5%減の24万 6877台となり、2カ月連続で前年実績を下回った。

車種別でみると、乗用車合計が同3.7%減の20万3537台。このうち、普通 車は12%減の7万3577台だった。一方、小型車は人気が持続しており、1.6% 増の12万9960台と10カ月連続でプラスとなった。また、普通トラックが16% 増の1万7244台、小型トラックも6.8%増の2万4473台。貨物車合計では4万 1717台と10%伸びた。10月施行の排ガス規制(新長期規制)を控え、規制対応 車への代替需要がおう盛となっている。

メーカー別では、トヨタ自動車が7.6%減の9万9223台。8月30日に販売 を開始したトヨタの高級車ブランド「レクサス」の販売台数は156台だった。ホ ンダは11%減の3万3113台。ダイハツ工業は小型車「ブーン」の新車効果が薄 れ、61%減の819台だった。

一方、日産自動車は14%増の4万7494台。マツダは3.5%増の1万6570台 だった。「スイフト」などの新型車が堅調なスズキは19%増の4813台。富士重 工業は6.1%減の5078台。三菱自動車は34%増の3951台となり、3カ月連続で プラスとなった。

トラック各社は、日野自動車が5.7%減の4382台、いすゞ自動車が13%増 の7405台、日産ディーゼル工業が18%増の2195台。三菱ふそうトラック・バ スは3.8%減の5717台だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE