上海の銅相場:反発-LME在庫の1カ月ぶりの大幅な減少を好感

31日の上海銅先物相場は、反発した。ロンドン 金属取引所(LME)の在庫が1カ月ぶりの大幅な減少となり、銅需要の拡大が供給ペ ースを上回る可能性が示唆された。

LMEがモニター対象にしている銅在庫は30日、675トン(1%)減少し、6万 4250トンとなった。一日の減少幅としては、7月27日以来最大となった。上海先物取 引所の銅在庫は先週、1カ月ぶりに減少し、世界の銅在庫は18日以来の低水準が続い ている。

上海オリエンタル・フューチャーズの金属トレーダー、ユアン・ファン氏は「一部 の予想に反した在庫の減少が、価格の支持材料となった。強気の商品ファンドは、夏季 終了後の中国の銅需要拡大を示す実質的な証拠を期待している」と指摘した。

上海先物取引所の銅相場は、11月限が前日比最大210元(0.6%)高の1トン当 たり3万4980元となった。上海時間午前9時30分現在、同3万4920元で取引され ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE