【注目株】TBS、三井住友、カシオ、エルピーダ、イオン(2)

31日の材料銘柄は以下の通り。

TBS(9401):31日付の日本経済新聞朝刊は、同社が電通(4324)などを 引受先とした300億-400億円の第三者割当増資を実施すると報じた。買収防 衛を視野に株主安定効果も狙ったとみられると伝えている。

三井住友FG(8316):31日付の日本経済新聞朝刊によると、温暖化ガス の排出権ビジネスに本格参入。排出権購入の仲介や必要資金の融資をする業務 で、第一号案件をブラジルでとりまとめた。

カシオ計算機(6952):台湾5位の液晶パネルメーカー、「ハンスター」 と中小型液晶パネルで提携すると31日付の日本経済新聞朝刊が伝えた。カシ オがハンスターに技術指導して携帯電話向けの中小型パネルの生産を委託、産 業用機械などでも共同で市場を開拓する。

NEC(6701)、日立製作所(6501)、エルピーダ(6665):NECと日 立は保有するエルピーダ株式の一部を上期中に売却する。日立は400万株、N ECは960万株を売却する。これによりエルピーダはNECと日立の持ち分法 適用会社から外れる。

近畿日本ツーリスト (9726):2005年12月期の連結営業収益予想を2.3% 減額し860億円とする一方、コスト削減を進め経常利益は17%増額し21億円 にした。同時に発表した中期経営計画によると、個人旅行「メイト」と「ホリ デイ」でシニア層を取り込み、2008年12月期の営業利益72億円を目指す。

イオン (8267):衣料品販売に回復の兆しがみえていることや、コスト削 減による利益率の改善を受けて、2006年2月期の単体業績予想を上方修正。営 業利益は200億円から240億円に増額した。

石川島播磨重工業(7013)、伊藤忠商事(8001):アルジェリアの国営公 社から天然ガス液化プラント用ボイラー4基を受注した。受注総額は130億円。

ソフトバンク(9984):米投資会社キャピタル・グループが23日付で発 行済み株式の13.13%を取得した。

日本電気硝子(5214):一部加工業務を除いてCRT(ブラウン管)用ガ ラスの国内生産を9月末で停止する。需要落ち込みを受けた措置で、FPD (薄型ディスプレー)関連事業への転換を加速していく。

日立メディコ(6910):日立製作所に産業用X線装置事業を移管し、医療 機器事業に経営資源を集中させる。

東京応化工業(4186):中国の合弁会社が半導体・液晶ディスプレー材料 の商業生産を開始した。同国での材料需要拡大に対応する。

コスモ石油(5007):3700万株の公募増資や転換社債の発行などを通じて、 市場から392億9000万円を調達する。ガソリン生産装置の増強やガソリンス タンド、カタール石油開発の探鉱などに充てる。

クインランド (2732):M&A(企業の合併、買収)によって連結子会社 化した企業が寄与してくる06年6月期は、連結売上高が前期比3.2倍の1000 億円、経常利益も85%増の30億円に拡大する計画。なお今期はM&Aによる 事業拡大よりも子会社化した企業の高収益化とシナジー(相乗)効果に注力す る。

オリコン(4800):山野楽器(東京都中央区)や、すみやなどAV(音 響・映像)ソフト小売り5社と音楽配信事業で提携すると31日付の日本経済 新聞朝刊が報じた。9月下旬から5社がそれぞれ運営するサイトに音楽を配信 し販路を広げるという。

アサヒビール(2502):31日付の日本経済新聞朝刊は、カネボウが、子会 社の清涼飲料メーカー、エルビー(愛知県東海市)をアサヒビールに売却する と報じた。売却金額は100億円弱とみられると伝えている。

キリンビール(2503):31日付の読売新聞朝刊は同社と三菱商事が電力卸 売り事業で提携すると報道した。07年から自社で発電した余剰電力を売却する 方針で、各施設が電力会社から別々に電力を購入するよりも電力コストが10% 削減できるという。

重松製作所 (7980):アスベスト対策の関連機器の受注増加で今期経常利 益予想を29%増額。前期の7.3倍にあたる2億2000万円を見込む。

エム・ピー・テクノロジーズ(3734):シンガポールやカナダのグループ 会社を中心に中期経営計画を見直した結果、経常損益の黒字化が2006年7月 期から2005年7月期に前倒しになった。来期経常利益予想も8億円から12億 円に増額した。

コネクトテクノロジーズ(3736):モバイル・テクニカ社と資本・業務提 携し、IP(インターネット・プロトコル)技術と携帯電話の融合という新事 業でシナジー効果を狙う。

だいこう証券ビジネス(8692):大阪証券金融(8512)と業務・資本提携 し、証券会社のバックオフィス業務から証券金融まで一元的なサービスを提供 する。また初の中間配当を実施、期末配とあわせた年間配当は前期より4円多 い15円になる。さらに160万株を売り出すとも発表。

エーザイ(4523):30日にアナリストやメディア向けに新薬説明会を開催。 敗血症治療薬「E5564」の海外臨床試験第2相(フェーズ2)データなどを公 表した。「5564は開発に失敗したと思っていた。今回の発表で、おや、これは ひょっとしたら(製品化も可能だ)、という評価に変わったことはポジティ ブ」(BNPパリバ証券株式クライアント・コンサルティング部の北村友和部 長)との感想などが聞かれた。

理想化学(6413)、カナレ電気(5819):9月末の株主対象に1株を2株 に分割する。また極東開発工業(7226)は1株を1.5株にする。

オプテックスFA(6661):大証ヘラクレスに新規上場する。公募価格は 37万円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE