S&P500種銘柄入れ替え:コベントリー採用、メイ・Dを除外へ

米格付け会社スタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)は26日、S&P500種の構成銘柄に医療管理会社のコベント リー・ヘルス・ケアを新規に採用し、百貨店大手のメイ・デパートメント・ス トアーズを除外することを明らかにした。29日の取引終了後に実施する。

コベントリーは、フェデレーテッド・デパートメント・ストアーズに買収 されるメイに代わってS&P500種に加えられる。また、ベアリング製造のテ ィムケンがコベントリーに代わってS&P中型株400種に新規採用される。さ らに、建設業や造園業向け車両のASVがティムケンに代わりS&P小型株 600種に採用される。

コベントリーの株価は26日の時間外取引で、一時2.9%高の76.47ドルを つけた。通常取引の終値は72セント(1%)安の75.29ドル。ティムケンの 通常取引の終値は44セント(1.6%)高の28.46ドル。ASVの通常取引の終 値は39セント(1.7%)安の22.11ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE