上海の銅相場:3日続落-中国の銅供給増加を懸念

26日の上海銅先物相場は、3日続落した。26日 発表される中国の銅在庫が増加するとの懸念から、一部トレーダーに売られた。中国は、 世界最大の銅消費国。

銅価格の上昇や電力配給制の影響で銅需要が縮小し、ケーブルやワイヤ製造業者な ど精錬銅の購入業者は、中国の現物市場での購入量を減らしている。上海先物取引所の 在庫は、すでに1年余ぶりの高水準にある。

深セン・スター・フューチャーズのトレーダー、顧渊氏は、上海からの電話インタ ビューで「上海先物取引所がきょう発表する在庫は、増加するとみられている。現物市 場の状況もあまり楽観的ではない」と指摘した。

上海先物取引所の銅相場は、11月限が前日比最大180元安の1トン当たり3万 4230元となった。上海時間午前9時33分現在、同3万4150元で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE