上海の銅相場:続伸-中国の9月の銅輸入が減少するとの観測を好感

23日の上海銅先物相場は、続伸した。中国国内 の銅供給量が十分なため、9月の同国の銅輸入量が減少するとの懸念が高まった。

銅価格の上昇と電力配給により、通常夏季に低迷する銅需要が縮小し、8月の銅輸 入は減少した。最新の統計によると、中国の6月の銅輸入量は14万3467トンとなっ ている。

中国最大の国有金属取引会社、中国五砿有色金属のトレーダー、楊亮氏は「上海の 大口の取引業者が、来月の輸入契約を取り消すとの観測が高まっている。銅消費があま り順調ではないため、中国の現物市場には現在、銅が十分にある」との見方を示した。

上海先物取引所の銅相場は、11月限が前日比最大600元(1.8%)高の1トン当 たり3万4680元となった。上海時間午前10時14分現在、同3万4640元で取引され ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE