東燃ゼネ:中間期の純利益は19%増の148億円-通期予想350億円

米エクソン・モービル傘下の東燃ゼネラル石油は 22日、2005年6月中間期の連結純利益が前年同期比19%増の148億円になったと発 表した。パラキシレンなどの石油化学事業が好調だったうえに、所定の会計処理(低価 法)によって在庫評価益が発生したことが寄与した。05年12月通期の純利益予想は 350億円(従来予想は400億円)に下方修正した。

東燃ゼネラル石油の株価終値は前週末比13円(1.1%)高の1234円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE