上海の銅相場:最高値を更新-中国、米国での需要拡大を好感

上海の銅先物相場は続伸し、過去最高値を更 新した。ケーブルやワイヤ製造に使用される銅の2大消費国である中国と米国で の需要拡大ペースが、供給増を上回るとの見方から買われた。

ロンドンとニューヨークの銅先物相場は16日、それぞれ過去最高値を更新し た。米国の住宅着工許可件数が32年ぶりの高水準に達したことで、住宅建設向け の需要拡大の兆候と受け止められた。世界の銅の約20%を消費する中国でも同国 政府が不動産や発電所建設への投資を増やし、需要が拡大している。

三井物産コモデティーズ(オーストラリア)を率いるリック・ホルムズ氏は 「市場を動かしているのは、現在の消費ではなく、増加する地方から都市への 人々の移動だ。中国で産業化が続いている間は、商品需要の力強さが維持される だろう。銅価格がしばらくは下落傾向を示さないというのが長期的な見方だ」と 述べた。

上海先物取引所の銅相場は、10月限が前日比最大240元(0.7%)高の1ト ン当たり3万5210元と、12年前の取引開始以来の最高値を付けた。上海時間午 前9時13分現在、同3万5180元で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE