独MANの4-6月期:純利益33%増―東欧と中東での販売好調

ドイツのトラックメーカー、MANが11 日発表した第2四半期(4-6月)決算は、東欧と中東での販売が伸び、33% 増益となった。

同社がフランクフルト証券取引所に提出した資料によれば、純利益は 9700万ユーロ(約133億円、1株当たり0.65ユーロ)で、前年同期の7300 万ユーロ(同0.48ユーロ)から増加した。ブルームバーグ・ニュースのアナリ スト調査では9100万ユーロと見込まれていた。売上高は前年同期比2%増の 38億ユーロとなった。

新規受注は14%増の46億ユーロ。MANは経費削減を狙うとともに、成 長市場により近い場所での生産を進めるため、東欧での生産を拡大している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE