新日石:10年間で石油開発に1兆円投資、産出倍増-30万バレルに

石油最大手の新日本石油はこのほど、2015年度 までの10年間で計1兆円を投資し、自主開発原油の生産量を日量30万バレルまで引き 上げることを決めた。同社の広報部が11日、明らかにした。自主開発原油の生産量は 05年3月期時点で日量15万バレル、15年度には倍増することになる。

同社では石油開発は収益性、成長性が見込めるとし、戦略部門の柱と位置付け、東 南アジア、豪州、メキシコ、カナダ、北海の5地域で行う予定だ。 07年度までの中期 経営計画では石油や天然ガス開発に計2000億円を投じ、計画終了時に日量18万バレ ルまで増やす。さらに、2010年度に日量20万バレル、15年度に日量30万バレルと 生産量を増やしていくという。

新日石の自主開発油田の産出倍増のニュースは、読売新聞が11日朝刊で報じてい る。

10日の新日本石油の株価終値は前日比22円(2.7%)高の834円

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE