米社債:タイム・ワーナー債が弱含む-資産分割めぐる観測で

10日の米社債流通市場では、メディア最大手、 米タイム・ワーナー債が弱含んだ。資産家のカール・アイカーン氏を中心とし た株主が同社に資産分割を迫るとの懸念が背景にある。

米NASDの債券価格情報サービス、トレースによると、タイム・ワーナ ー債(表面利率6.875%、2012年償還)のスプレッド(米国債との利回り格差) は、9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01ポイント)拡大し92bpとなっ ている。

タイム・ワーナー株は2002年と同水準で取引されている。米紙ニューヨー ク・タイムズは10日、事情に詳しい複数の関係者の話を基に、物言う株主であ るアイカーン氏が株主を組織し、タイム・ワーナー・ケーブルなどの部門のス ピンオフ(分離・独立)を迫る可能性があると報じた。アイカーン氏は、同社 が資産分割に加えて最大150億ドル(1兆6600億円)の自社株買いを実施すれ ば、同社株は27ドルにもなり得ると投資家に述べた。同社株の10日終値は18.24 ドル。

MTBインベストメント・アドバイザーズのポートフォリオマネジャー、 ウィル・スティス氏は、「債券保有者としては、何が起こるか分からない」とし て、「投資家らは債券保有者を犠牲にして、株主にとっての価値を高めようとす るかもしれない」と懸念を示した。

メリルリンチによると、9日の投資適格級社債の平均スプレッドは前日比 横ばいの88bp、ジャンク(高リスク・高利回り)債の平均スプレッドは同2 bp拡大の333bpだった。

--共同取材: Cecile Daurat , Ron Day Editor: Pittman.

akinoshita2@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク  Walden Siew (1)(212) 893-5240 wsiew@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Robert Burgess (1) (212) 318-2945 bburgess@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE