コンテンツにスキップする

ドコモ:4-6月期連結純利益は22%増の2079億円-通期は据え置き

国内携帯電話最大手NTTドコモが29日発表 した2006年3月期第1四半期(4-6月)連結決算は、純利益が前年同期比22%増 の2079億円だった。

第1四半期の売上高は同2.8%減の1兆1871億円。「1加入者当たりの平均月 間収入」(ARPU、フォーマと2G合計)は6940円と前年同期(7400円)との 比較で460円下がった。

同時に発表した今期の連結業績予想は通期予想を据え置いた。純利益予想は前期 比29%減の5330億円を予想している。売上高は同0.8%減の4兆8050億円、営業 利益が前期比3.3%増の8100億円になるとの見通し。

ドコモ株の終値は、前日比1000円(0.6%)高の17万4000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE