コンテンツにスキップする

中国1-6月期GDP成長率:前年同期比9.5%-予想上回る(2)

中国国家統計局が20日発表した上期(1 -6月)の国内総生産(GDP)成長率は、前年同期比9.5%となった。輸出 の急増や固定資産投資の加速で、成長率は事前予想を上回った。

上期のGDPは6兆7400億元(約92兆円)。第1四半期(1-3月)は

9.4%成長だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト10人の 予想中央値では、上期成長率は9.3%が見込まれていた。

不動産や鉄鋼・セメントなどへの投資が抑制されるなかで、輸出の拡大と インフラ投資が中国の景気拡大を支えている。

キャピタル・エコノミクス(ロンドン)の国際経済エコノミスト、ジュリ アン・ジェソップ氏はGDP統計の発表前に、「力強い成長には懸念はない。 1970年代末に経済改革が始まって以来の長期的トレンドである9.4%とほぼ一 致している」と話していた。

中国経済の30%余りを占める固定資産投資は上期に、25.4%増の3兆 2900億元となった。第1四半期(1-3月)は22.8%増だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE