コンテンツにスキップする

米ヤフーの4-6月期:純利益6倍強-売上高が予想以下で株価下落

ポータル(玄関)サイト大手の米ヤフーが 19日発表した第2四半期(4-6月)決算は、広告収入の増加を受けて、純利 益は前年同期の6倍余りに膨らんだ。ただ、一部項目を除いた売上高がアナリ スト予想に届かなかったことを受け、株価は時間外取引で一時、下落した。

発表資料によると、純利益は7億5470万ドル(1株当たり51セント)と、 前年同期の1億1250万ドル(同8セント)から大幅に増えた。他のサイトに支 払う分を除いた売上高は8億7510万ドルで、アナリスト予想平均(8億8270 万ドル)とヤフーの従来予想(最大8億9500万ドル)をともに下回った。

ヤフーはまた、今四半期(7-9月)の売上高はアナリスト予想に届かな い可能性があるとの見方を示した。

4-6月期の売上高は前年同期比51%増の12億5000万ドル。一部項目 を除いた1株利益は、調査会社トムソン・ファイナンシャルがアナリスト31人 を対象にまとめた予想平均(同13セント)と一致した。

決算は通常取引終了後に発表された。株価は時間外取引で一時、3.51ドル (9%)安と大幅に下落した。通常取引終値は前日比1.15ドル(3%)高の

37.73ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE