コンテンツにスキップする

インデックス株が買い気配:民放各局の資本受け入れ検討が明らかに

携帯電話向けにコンテンツ(情報の中身)を配信 するインデックス(ジャスダック上場)の株式に買い注文が殺到している。取引が成立 しないまま前日比で15%高に当たる価格まで買い気配値を切り上げている。複数の民 放テレビ局からの資本受け入れを検討していることが明らかになり、事業拡大への期待 が膨らんでいるもよう。

株価は午前10時45分現在で前日比3万2000円(14.5%)高に当たる25万2000 円で買い気配になっている。差し引きの買い注文が2500株以上あり、まだ取引は成立 していない。

インデックスは25日、「資本受け入れについては以前からテレビ各局に検討して もらっている」(樋口由美子・管理局広報部長)とコメントした。テレビ放送を携帯電 話に配信するといった今後の事業展開を見据えて、必要になる資金を確保する。すでに フジテレビは1.73%、テレビ朝日は1.37%をインデックスに出資している。

このなかテレビ朝日の広瀬道貞社長が24日の定例会見で、インデックスがテレビ 各局と大型の株式持ち合いをするといった趣旨の発言をした。これを受けて日経新聞な どが25日付朝刊でインデックスが民放各社から第三者割当増資で200億円を調達する などと報じたことで、改めて注目されている。

インデックス株は報道を受けて一時取引が停止されており、午前10時8分に再開 された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE