コンテンツにスキップする

黒田電気株が反発:前期営業益が過去最高との報道好感

電子部品・機械販売の黒田電気の株価が 反発。18日付の日経金融新聞が同社の2005年3月期連結営業利益が過去最高 を更新したもようだと報じたことを好感して買いが膨らんでいるようだ。

黒田電気の株価は午前9時29分現在、前日比35円(1.4%)高の2515 円で取引されている。一時は同1.6%高の2520円まで上昇した。

明和証券の矢部靖夫顧問は「きょうの一部新聞報道を素直に好感して朝方 は上昇しているようだ。業績が良くても株価が持ち直せていない銘柄も多いな かで黒田電気の株価は堅調に推移していると言えるだろう」と語った。そのう えで、「実際の業績が報道を上回る形となれば一段高も期待できるが、同水準 ならば利益確定の売りが出るとみておいたほうが良い」との見方を示した。

黒田電気の塩畑香児広報グループリーダーは「報道に関してのコメントは できない。業績発表は本日午後2時を予定している」と述べた。

日経金融新聞は黒田電気の2005年3月期連結営業利益が前期比約40% 増の70億円と従来予想を2億円上回ったようだ、と報じている。同社の液晶 用バックライトフィルムが供給先のシャープとの取引で伸びたことや、自動車 向けの電子部品の堅調を背景に、売上高は同19%増の1360億円と会社予想の 1340億円を上回ったとしている。

(18日付日経金融新聞7面)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE