コンテンツにスキップする

CSFB、ジャンク債引き受けで順位後退-米シティなどが優位に

カナダの出版・印刷会社ケベコアは、2001 年にジャンク(高リスク・高利回り)債を起債した際、クレディ・スイス・グ ループの証券部門クレディ・スイス・ファースト・ボストン(CSFB)を幹 事に起用した。しかし、その後3回の起債では、他社を採用した。

ケベコアのジャック・マレット最高財務責任者(CFO)は、CSFBを 再び使うこともあるかもしれないとする一方で、ケベコアは近年バンク・オブ・ アメリカ(BOA)からの借り入れが多いことに加え、「BOAはより頻繁に電 話もかけて来るし、CSFBより多くの情報や助言を提供してくれる」と話す。

同CFOの言葉は、ジャンク債引き受けでCSFBが10年余りで初めて、 米シティグループとJPモルガン・チェースに後れをとった理由を説明してい る。

さらに、ベネット・グッドマン氏が率いる経験豊富なジャンク債担当バン カー5人が2004年12月に同社を離れヘッジファンドを設立したことも、順位 後退の要因だと、アベニュー・キャピタル・グループのマネジングパートナー、 マーク・ラスリー氏は指摘した。

2005年1-4月の世界のジャンク債発行高は449億ドル(約4兆8300億円) と、前年同期に比べ30%減の水準。その引き受けで、シティとJPモルガンは それぞれ12.1%のシェアを握り、CSFBの11%を上回った(ブルームバーグ・ データ)。

ジャンク債引き受けへの大手商業銀行の進出について、ケベコアのマレッ トCFOは「融資した銀行が何らかの見返りを期待するのはほとんど市場の常 識となっている」と話す。「融資額が大きいほど、見返りも大きい」ことになる。

ブルームバーグ・データによると、米国でのジャンク債起債は年初来、360 億ドルと、欧州の約3倍。同市場ではCSFBは4位で、シティ、JPモルガ ン、BOAが先行する。3社の融資残高は平均で、クレディ・スイス・グルー プの3倍を超えている。

--共同取材: David Russell, Justin Baer 、 George Stein Christine Harper 、 Philipp Goellner Editors: Pickering, Schatzker, Kraus.

akinoshita2@bloomberg.net    Editor:Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク Gregory Cresci (1) (212) 318-2439 gcresci@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

Erik Schatzker (1)(212) 893-3849 eschatzker@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE