コンテンツにスキップする

イー・アクセス:今期71%減益予想、携帯参入費発生で-株価急落(2)

ADSL(非対称デジタル加入者線)事業者のイ ー・アクセスは12日、今期(2006年3月期)の当期利益が27億円と前期比で71%減 少する見通しを発表した。携帯電話事業への参入費用を計上するうえ、法人税の支払い が発生して利益を圧迫する。

本業の儲けを示す営業利益は70億円と前期比で25%減少する。営業減益について は、今後の携帯電話事業参入に向けた費用として25億円を見込んでいるのが背景。さ らに法人税が発生して当期利益を押し下げるとしている。今期の売上高予想は同1%増 の585億円。配当は1000円にする予定。

前期(2005年3月期)決算は、当期利益が前の期に比べて4倍の93億5000万円 に拡大した。主力のADSL事業の顧客が増えたうえ、コスト削減を進めたことが利益 を膨らませた。

売上高も前の期に比べて52%増の579億円に増加した。この増収効果に加え、日 本テレコムの株主がソフトバンクに異動したことにより発生した日本テレコムからの調 整金が利益を押し上げた。配当は1200円(うち記念配200円)とする。

イー・アクセス株は決算発表での大幅減益予想を受けて急落した。一時前日比で 5900円(7.2%)安の7万6000円まで下がった。午後1時6分現在で同3600円 (4.4%)安の7万8300円で取引が進んでいる。値下がり率は東証1部11位。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE