コンテンツにスキップする

製鉄2位アルセロール:1-3月期は最高益更新-鉄鋼価格上昇

製鉄世界2位、ルクセンブルクのアルセロ ールが3日発表した第1四半期(1-3月)決算は、鉄鋼価格上昇を受け、四 半期ベースの最高益を更新した。

純利益は9億3400万ユーロ(約1260億円、1株当たり1.52ユーロ) と、前年同期の2億3400万ユーロ(同0.47ユーロ)を大きく上回った。ブ ルームバーグ・ニュースがアナリスト6人を対象にまとめた調査では、8億 2300万ユーロと見込まれていた。

売上高も81億4000万ユーロと、前年同期の69億ユーロから増加。指 標鉄鋼価格は2000年以降の平均を37%上回る水準で推移しており、これが好 業績につながった。

アルセロールはまた、スペインの鉄鋼子会社3社を売却すると発表した。 3社合わせての生産能力は年170万トン。売却には競争法(独占禁止法)当局 の承認が必要となる。

オランダのミタル・スチールが米インターナショナル・スチール・グルー プ(ISG)の買収を完了したと4月12日に発表。これにより、ミタルがア ルセロールに代わり、世界最大の製鉄会社となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE