ソニー、米MGM買収計画で欧州競争法当局の承認獲得

ソニーは30日、米映画制作大手メトロ・ゴー ルドウィン・メイヤー(MGM)を29億ドル(約3100億円)で買収する計画につ いて、欧州連合(EU)の競争法当局から承認を得た。これにより、ソニーは、世 界最大級の映画作品のライブラリーを確保することになる。

ソニーとMGMの30日の発表資料によると、欧州当局は買収計画に修正を求 めずに承認した。これに先立ち、米当局も同計画を承認している。両社は4月半ば までに買収完了を見込むという。

MGM買収により、ソニーが家庭用ビデオとして販売したり、放送局に提供で きる映画ライブラリーは約8000本に倍増する。MGMは「007」シリーズなど 4000本余りの映画ライブラリーを保有していた。ソニーのMGM買収には、プロ ビデンス・エクイティ・パートナーズやテキサス・パシフィック・グループ、コム キャスト、クレディ・スイス・グループ傘下のDLJマーチャント・バンキングが 参加する。

MGMは買収完了後も引き続き、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーの名前で 非公開企業としてロサンゼルスで営業を続ける。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE