プリヴェ:5証券会社の買収中止を発表-他の証券で友好的買収継続へ

企業の再生・再編などを手掛けるプリヴェチ ューリッヒ企業再生グループは、買収を表明していた独立系証券会社5社の買収を 中止すると発表した。同社はこれまで、買収目的で取得していた東洋証券、水戸証 券、丸三証券、いちよし証券、髙木証券の株式をプリヴェチューリッヒアセット・ マネジメントに売却した。水戸証券と東京証券は筆頭株主となっていた。 なお、他の証券会社に対しては、友好的買収を進める方針に変更はないとしている。

プリヴェの松村謙三社長は14日に会見を行ない、高利回り債券、劣後ローン、 優先株式などのミドルリスク・ミドルリターンの金融商品を扱うメザニンファイナ ン市場の創設を目指し、丸三証券、いちよし証券、水戸証券、東洋証券、高木証券 など複数の証券会社を買収する意向を表明していた。また、あくまで友好的な買収 を前提にしており「友好的な買収でなければ結果的に上手くいかない」として敵対 的買収の実施は否定していた。

この席上で松村社長は、既に大量保有報告書で明らかになっている5社の証券 会社以外にも2社程度買い進めていることを明らかにしており、今後はこれらの証 券会社の株式買収を進めるとみられる。

プリヴェの30日の株価終値は前日比12円(2.4%)安の497円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE