インターネット関連企業の買収、再び活発化-サンフランシスコ紙

米紙サンフランシスコ・クロニクル(オン ライン版)は27日、インターネット関連企業は再び、買収対象として人気が高 まってきたと報じた。

先週は、電子商取引とテレビ通販のIAC・インターアクティブコープが インターネット検索サイト運営のアスク・ジーブスの買収合意を発表した。イ ンターネット検索エンジン2位のヤフーはオンライン写真会社フリッカーの買 収計画を発表。パソコンメーカーのヒューレット・パッカード(HP)もスナ ップフィッシュの買収を発表した。

買収のペースは1990年代後半には及ばないものの、過去数年間に比べると 活発化していると同紙は指摘している。

同紙はまた、ヤフーとグーグルはオンライン広告への需要の高まりで恩恵 を受けており、従来型のメディア会社もインターネット上での存在感を高める ことによりオンライン広告市場でのシェア拡大を狙っていると報じている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE