ソロス氏に有罪判決-仏控訴審、1988年の株購入はインサイダー取引

米投資家ジョージ・ソロス氏(74)は24 日、1988年に行ったフランスの銀行大手ソシエテ・ジェネラルの株式購入が同 国のインサイダー取引法に抵触したかどうかをめぐるパリでの控訴審で有罪判決 を受けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。