元ワールドコムのエバーズ会長に有罪評決-110億ドルの詐欺首謀

米長距離通信2位、MCIの前身である ワールドコム(2002年に破たん)のバーナード・エバーズ元会長(63)が、 110億ドルもの詐欺を首謀したとして起訴された裁判で、ニューヨーク市マン ハッタンの連邦地裁は15日、有罪の評決が出たことを明らかにした。

陪審員は8日間に及んだ評議の結果、粉飾会計は部下が勝手に実行したも ので、自分は関知していないとしたエバーズ被告の主張を退け、共謀、証券詐 欺、証券取引委員会(SEC)への虚偽報告など、起訴案件すべてに対して有 罪と判断した。このうち9件の起訴案件の量刑はそれぞれ、最大で10年の実 刑となる可能性がある。

ワールドコムは2002年7月に破産法に基づく会社更生手続きを申請。申 請前に1800億ドルの株式時価総額が消失した。

エバーズ被告は今回の審理で、自らの弁護で証言台に立った。バーバラ・ ジョーンズ判事は6月13日に量刑を言い渡す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE