日本の自動車メーカー:鋼板値上げ対応、米国やアジアで価格転嫁

日本の自動車メーカーは度重なる鋼板価格 の値上げをアジアや米国など日本・欧州以外の国・地域で自動車製品の価格に転 嫁するとの見方が出ている。鋼板価格の値上げは10-20%で最終交渉に入った 見通しと15日付の日本経済新聞朝刊が報じるなど、メーカー各社にとって値上 げは深刻な利益の圧迫要因になっているものの、日本は他国と比べ消費意欲が依 然として低迷しており、価格転嫁が難しいとみられているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。