プリヴェが反落、中堅証券買収も私募CB発行を嫌気

企業の再生・再編などを手掛けるプリヴェチュ ーリッヒ企業再生グループが反落して始まった。一時前日比21円(3.7%)安の 541円まで下げ、その後も15日の安値圏近くで推移している。前日、いちよし、 丸三など中堅証券5社の株式取得を進めており、その買収資金として、UBS証券 の全額引き受けで新株予約権付社債(CB)を300億円発行すると発表した。「新 株の発行に伴う需給の悪化懸念」(東海東京調査センターの矢野正義シニアマーケ ットアナリスト)から売りが先行する展開となっている。

今回発行する新株予約件付き社債は転換価格の修正条項が付いたいわゆるMS CBで、発行日は30日。発行期間は2007年3月29日までの2年間。普通株への 転換請求期間は31日から2007年3月26日。当初転換価格は562円。毎月第3金 曜日が転換価格の修正日で、修正日を含む5営業日の売買高加重平均価格の9割に 転換価格を見直す。転換価格の下限は281円、上限は1124円。市場では、「MS CBはライブドアが発行した際には、株価の下落要因になっており、その連想が働 いた」(新光証券の瀬川剛エクイティストラテジスト)との声も出ていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE