プリヴェ再生:中堅証券買収へCB300億円、UBSが全額引き受け

企業の再生・再編などを手掛けるプリヴェ チューリッヒ企業再生グループの松村謙三社長は14日午後、東証で記者会見し、 UBS証券が全額引き受けで新株予約権付社債(CB)を300億円発行すると 発表した。同社は、いちよし証券、丸三証券、水戸証券、東洋証券、高木証券な ど中堅証券5社の株式取得を進めており、調達資金は買収目的に充てる。

プリヴェ再生は、高利回り債券、劣後ローン、優先株式などのミドルリス ク・ミドルリターンの金融商品のメザニンファイナンス市場を日本で創設したい 考え。中堅証券を買収し、新興企業や再生企業の債券や株式などを引き受けるこ とで、これらの企業の資金調達手段を拡大する。一方で、中堅証券のネットワー クを利用し、地方の富裕層などに金融商品を販売していく計画という。

UBS証は、私募引受型の新株予約権付社債ビジネスを強化しており、昨年 10月に野村証券から安田道男氏などが移籍後、今回が初めての大型案件となる。

14日のプリヴェの株価終値は前週末比15円(2.7%)高の562円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE