米アカデミー賞:作品賞は「ミリオンダラー・ベイビー」(2)

米映画芸術科学アカデミーの第77回アカ デミー賞が27日、ロサンゼルスで発表され、女性ボクサーをテーマとした「ミ リオンダラー・ベイビー」が作品賞に選ばれた。同作品は主演女優賞部門でもヒ ラリー・スワンク氏が受賞したほか、監督賞部門でクリント・イーストウッド氏、 助演男優賞部門でモーガン・フリーマン氏がそれぞれ選ばれ、4部門を制した。

主演男優賞は、昨年死去したミュージシャン、レイ・チャールズ氏を描いた 「RAY/レイ」のジェイミー・フォックス。

作品賞候補の5作品は1月25日にノミネートが発表された後、興行収入が 増加しており、「ミリオンダラー・ベイビー」の興行収入は前週の7倍に拡大し た。南カリフォルニア大学のラリー・ターマン教授(映画学)は、「受賞すれば、 相当の興行収入につながる」と述べ、アカデミー賞は「映画版スーパーボウル (アメリカン・フットボールの王座決定戦)のようなものだ」と述べた。

米富豪ハワード・ヒューズの半生を描いた映画「アビエイター」は、助演女 優賞と衣装デザイン賞、美術賞、編集賞、撮影賞の5部門で受賞した。同作品は 作品賞を含む11部門でノミネートされていた。「アビエイター」でキャサリ ン・ヘップバーン役を演じたケイト・ブランシェットは助演女優賞を受賞した。

長編アニメ賞には米ピクサーの「Mr.インクレディブル」が選ばれた。ソ ニー制作の「スパイダーマン2」は、視覚効果賞を受賞した。

コメディアンのクリス・ロック氏が司会を務めた授賞式は、米ABC放送が ロサンゼルスのコダック・シアターから全米に生中継した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE