ゴールドマンなどによるヘッジファンド業務寡占はリスク-アナリスト

サンフォード・C・バーンスティーンのア ナリスト、ブラッド・ヒンツ氏は25日のインタビューで、米モルガン・スタン レーとゴールドマン・サックス・グループ、ベアー・スターンズの3社がヘッ ジファンド向けの業務で大きな市場シェアを握っているために、同業務に参入 する他社が無理な条件を提示し、リスク上昇につながっているとの見方を示し た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。