東芝:主力半導体メモリー増産加速-iPod向け「莫大な要求」(3)

国内半導体2位の東芝は21日、NAND型フラ ッシュメモリー(電気的に一括消去・再書き込み可能なメモリー)の増産を加速すると 発表した。携帯型音楽プレーヤー向けなどに需要拡大が続いているためで、これに伴い 2004年度の半導体投資を従来計画の1790億円から2030億円に引き上げる。さらに 今後は生産拡大のため、06年ごろまでに2000億円程度の追加投資の可能性もあると している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。