米シティ:HPのオプション取引推奨-CEO人事での株価変動に着目

米シティグループ・グローバル・マーケ ッツのアナリストらは17日、コンピューター大手、米ヒューレット・パッカー ド(HP)のオプション取引を手掛ける投資家が、HPのカーリー・フィオリー ナ前最高経営責任者(CEO)の後任人事をめぐる株価変動で恩恵を受ける可能 性があると指摘した。

HPは今月9日、フィオリーナ氏を解任。新CEOが指名されるまで、同 社は事業や戦略面で大きくかじを切ることは控えるため、株価は一定の範囲で推 移すると見込まれるという。株価の変動は、その後に起こる可能性が高い。

リポートを執筆した株式デリバティブ調査部門(ニューヨーク)世界責任 者、レオン・グロス氏は「投資家は新CEOの能力と企業戦略の変化について、 評価を下していくことになる」と指摘した。

シティグループは、コールオプションとプットオプションを組み合わせた 「ストラングル」または「ストラドル」の売りを推奨した。この取引は、CEO 指名前の株価変動の少ない状況から恩恵を得られるとみられる。逆にCEOの指 名後は、ストラドルまたはストラングルの買いによって、株価変動の拡大から恩 恵を受ける可能性がある。株価変動は新CEOの指名後最長1年間続くとグロス 氏は予想している。

--共同取材:Connie Guglielmo Editors: Chapman

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE