コンテンツにスキップする

楽天:10-12月期純利益21億円、売上高2.3倍-知名度向上が好影響

仮想商店街「楽天市場」を運営する楽天が17 日発表した2004年第4四半期(10-12月)連結決算は、純損益が21億円の黒字 (前年同期は255億円の赤字)に転換した。売上高は前年同期比2.3倍の139億 円になった。プロ野球への参入で知名度が向上し、その影響で楽天市場の流通総額が 大幅増となった。

楽天の株価終値は、前日比200円(0.2%)安の9万9800円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE